しそ酢ダイエット お酢ダイエット

お酢ダイエットには一体どれだけの種類があるのでしょう。様々なリバウンドしないダイエットについて配信してあるので、関心のある方にいちおしのホームページです。

お酢ダイエットには一体どれだけの種類があるのでしょう。様々なリバウンドしないダイエットについて配信してあるので、関心のある方にいちおしのホームページです。

しそ酢を利用したダイエットとは

しそ酢ダイエット お酢ダイエット

しそ酢を用いてダイエットをするという方法があります。
一般的に知られているのは、黒酢などのお酢にしそを漬け込みし、その成分をしみ出させて作るしそ酢ですが、作り方はいくつかあるといわれています。
しそ酢でダイエットができる理由は何でしょうか。
たくさんのロズマリン酸というポリフェノール成分がしその葉には存在しています。
多くのロズマリン酸は赤じそに存在しているようですが、けっこう青じそからも摂ることができます。
脂肪や糖の消化吸収を抑える効果がこのロズマリン酸にはあるといいます。
体内に取り入れられた糖質は一旦ブドウ糖になり、それから中性脂肪の状態で体内に貯えられます。
マルターゼという糖質をブドウ糖に分解する酵素の働きをロズマリン酸で効果的に抑えることができます。
ダイエットに効果があるのは、ブドウ糖に分解できなかった糖質が体の外へ出やすくなるからです。
脂肪の吸収を抑制して血糖値を上げ過ぎないことに、しそ酢を続けて摂ることが有効だといわれています。
健康にお酢が良いことやダイエットに有効なことは有名な話です。
脂肪燃焼効果やクエン酸回路による新陳代謝促進の効果はお酢にはあるといいます。
体に負荷をかけずに続けて効果的なダイエットが、お酢としそを一緒に摂取することで可能になるといわれているのです。

ダイエットに利用できるしそ酢の作り方

しそ酢ダイエット お酢ダイエット

ダイエットに使う為のしそ酢には、さまざまな種類があります。
売られているしそ酢をダイエットに利用しても良いのですが、家で作ることもできます。
材料に使うしそは青じそでも赤じそでもどちらでも構いません。
しその葉がだいたい100枚、黒酢が500mlが材料になります。
しっかりとしその葉を洗浄し水気をふきんなどでふきとって乾かしましょう。
農薬が残っていると良くないので、洗うのは面倒ですが丁寧に行いましょう。
丁寧に洗浄した後で、しっかりとその葉を乾燥させます。
しその葉の下準備ができたら、しその葉をすり鉢などですりつぶしていきます。
すり鉢ですり潰してのばしたら、しその絞り汁を作るためにしそをガーゼや布巾などでこします。
しその搾り汁に黒酢を足せば、ダイエット用のしそ酢の出来上がりです。
しそ酢はフタのついた瓶などで保管してください。
少し香りが作ったばかりの場合には強いようですが、時が経てばちょうどよくなってきます。
水で7〜10倍くらいに薄めてから飲むと口当たりがよくなるでしょう。
ほかの方法としては、サラダのドレッシングに使ったり、はちみつを加えて飲むというのもおすすめです。
ダイエットには売られているしそ酢も利用できますが、案外多いのが飲みやすくするために甘味が加えられているものです。
商品の中にはしそそのものが含まれている量が少ないものがあります。
大事なのはしそ酢を買う前に成分表示をきちんと見て、たくさんダイエットに効果的な成分が入っているかどうかを調べておくことです。

しそ酢ダイエットのポイントについて

しそ酢ダイエットでは、1日30〜40ml程度を目安に飲んでください。
好みによって希釈の倍率を変えても良いのですが、胃に作用することが濃すぎた場合にはあるでしょう。
ダイエットには、水で7〜10倍ぐらいに薄めても、ダイエットには有効だといいます。
胃の粘膜が場合によっては荒れてしまうので、胃があまり強くない人は摂取を食後にするのがおすすめです。
お腹が空いているときに濃いしそ酢を摂取すると、胃腸に負担がかかり下痢をする場合もあるといいます。
すぐにしそ酢を摂取したからといってダイエットができるわけではないといえます。
しそ酢はあくまでダイエットのサポート的存在になります。
効果的にダイエットをするためには、適度な運動を一緒にしなければなりません。
脂肪を燃焼させるのに、ウォーキングやストレッチ、ヨガなど簡単にできる運動も有効だといいます。
効率よくダイエットをすることが、しそ酢を摂取するのと一緒にどんどん運動をする習慣を身に付けることで可能になります。
初めは短い時間の有酸素運動や、バスや電車に乗らずに一駅歩くなどの工夫をしたほうが急激にハードな運動をするのは体に負担がかかるので良いかもしれません。
日々の食事内容を変えていくことも大切です。
運動や食生活の改善なども同時に行いながら、しそ酢で脂肪の燃焼を促すようなダイエットをするようにしましょう。


ページの先頭へ